コドミン 効果

コドミンの効果を検証!効果の秘密とは?

根気強く言って聞かせても、言う事を聞いてくれないお子さまが
コドミンを飲めば落ち着くようになるなんて、ちょっと信じられないですよね。

 

コドミンは一体どんな成分でADHDの困った行動の改善に対して
効果が期待できるのでしょうか?

 

コドミンのADHDへアプローチする成分について調べてみました!

 

≪コドミンのADHD特有の行動を改善するサポート成分とは≫

 

ADHDのお子さまに関する悩みと言えば、言い聞かせてもじっとしていられない、
集中力が散漫で取り組み続けることができない、衝動的な感情表現を
自制することができないために集団行動でトラブルを起こしやすい、などですが

 

この傾向をコドミンに配合されているホスファチジルセリンという成分が
緩和する効果が期待できることがわかっています。

 

ホスファチジルセリンは大豆に含まれている成分なのですが、
大豆そのものにはごくごく少量しか含まれていないため、
効果を期待出来る量を摂取しようとすると大豆をキロ単位で食べないといけないのです。

 

現実的にかなり無理があるところを、ホスファチジルセリンだけを抽出して
サプリメントにすることで実現させたのがコドミンなのです。

 

コドミンの1粒に100r配合されたホスファチジルセリンは、お子さまの脳に働きかけ、
集中力を継続させ、抑制のきかない気持ちを落ち着かせるサポートをします。

 

ですので、ハッキリとADHDであると診断されたお子さまに限らず、
診断を受けていないけれど行動に不安があるというお子さまや、
グレーゾーンとして経過観察中のお子さまにも活用していただけます。

 

≪コドミンは即効性は期待できないけれど…≫

 

コドミンの口コミには、時々「期待していた効果は出なかった」という落胆の声が寄せられる事があります。

 

こうした口コミを読むと、コドミンは効果がないのではないか?と心配されますよね。

 

実は効果がなかったと書いている口コミの多くは使用期間が最初の1袋、つまり1ヶ月以内での感想なんです。

 

コドミンの公式サイトでも効果を充分に実感していただくには3袋(3ヶ月)程度を要するとしています。

 

残念ながらホスファチジルセリンが脳に与える作用は1週間や2週間で一気に変化を起こすものではありません。

 

コツコツ飲み続けることで、そういえば最近、癇癪を起すことが減ってきたな、
手を振り解いて走って行ってしまうことがなくなってきたなと変化を感じるようになるものです。

 

飲み始めは「これが本当に効果があるの?」と疑問や不安に思うかもしれませんが、
結論は急がずに長い目で見守って見て下さい。

 

コドミンの効果をもっと詳しく知りたい方へ

詳細はこちら!