コドミン 副作用

コドミンの副作用と安全性についてまとめてみました!

コドミンは配合されている成分が脳を活性化するサポート効果が期待できるという
サプリメントなんですが、脳へ作用するって、副作用の心配がないのか不安に思うかもしれません。

 

そこでコドミンには副作用の心配がないのかを調べてみました!

 

≪コドミンにはどんな副作用の心配があるのか?≫

 

この不安に対して結論からお話しすると、コドミンには『副作用』の心配はありません。

 

コドミンの様なサプリメントは、食事から摂れる成分を補う、
またはより効率的に摂り入れるように抽出・凝縮したもので、
健康食品という『食品』の部類にあたります。

 

『医薬品』のように医師や薬剤師が飲む人の症状に合わせて用法や容量を
管理しなくてはならない薬品を使っているわけではありません。

 

確かに、コドミンにはホスファチジルセリンという成分が配合されていて、
お子さまの脳の伝達の活性化を助ける効果が期待できることがわかっています。

 

ですが、薬品の様な強い作用があるわけではなく野菜に含まれている栄養が
お腹の調子を整えてくれるように、食品による優しい変化です。

 

コドミンを飲み続けることによってホスファチジルセリンが徐々にお子さまの脳の伝達を良くして、
集中力が続きやすくなったり、突発的な衝動をコントロールしやすくなっていくことが期待できます。

 

この成分を摂りすぎてしまったからと言って脳の伝達に支障が出て来るだとか、
他の器官に悪影響が出て来るという発見はされていません。

 

その他にも、コドミンには幾つかの添加物が使用されていますが、
どれもが『日常生活から考えられない量を異常なペースで飲んだ場合』に、
健康を害する恐れがあるものなので、コドミンを容量を守って(1日1粒か2粒)飲んでいれば大丈夫です。

 

≪コドミンにはアレルギー症状の心配がある?≫

 

コドミンには副作用の心配はないのですが、一部のアレルギーを持っているお子さまが飲むと
アレルギー症状が起こる心配があります。

 

・大豆アレルギー
・麦アレルギー(グルテンアレルギー)

 

このアレルギーを持っているお子さまにはコドミンを飲ませる事は避けるべきです。

 

先程紹介したホスファチジルセリンは大豆に含まれている成分で、
大豆アレルギーのお子さまにはアレルギー反応が出てしまう恐れがあります。

 

また、コドミンには麦由来の水飴を使っているので、グルテンアレルギーのお子さまも、
アレルギー症状が起こる恐れがありますので飲ませない様にして下さい。

 

さらに安全性について知りたい方へ!

詳細はこちら!